心書家 北田和佳子(きただわかこ)プロフィール


KITADA WAKAKO / 和(Nagomi-ya)屋 代表

北海道留萌市出身

10代後半~20代にかけてアメリカ・カナダで過ごす。

帰国後、外資系航空会社に勤務。

29才で結婚し、2度の流産後、検査の結果、抗リン資質抗体症候群の疑いありと診断を受ける。

病気治療をしながら、1男を出産するが、結婚6年で離婚。

息子と共に4年間のシングルマザー生活を送った後、現夫と再婚。1女を出産。

しかし、育った環境の大きな違い、自分には理解できない夫の言動や価値観を受け入れられずに、精神的に苦しみ暗闇の中をさまよう。

2013年、心書と出会い、自分という人間ととことん向き合う中で、これまで、自分自身は自由に思いのままに人生を歩んできたつもりでいたが、実は、過去に経験した出来事のトラウマや思い込みにより、パートナーシップや人生そのものを大きく左右されてきたことに気づく。

筆を通して自分と向き合い、マインドセットしていくうちに、「自分は本当はどうしたいのか?」といつも自分に問いかけ、自分の本当の心の声を聞き、自分の感情を全て受け入れ、心から自分自身を認め、どんな自分も赦し、愛し「あるがままに生きる」という人生において最も大切な気づきを得る。

自分の全てを認められるようになり、はじめて「人はみな違う」という、これまで頭ではわかっていてもなかなか受け入れられなかったことが、素直に受け入れられるようになり、人を否定したりジャッジするということが自分の中から消えていった。と同時に、これまで自分の人生に起こったこと全てに意味があり、全てが学びであったことにも深く感謝が溢れてくるようになった。

「わたしも、あなたも、みんなALL OK! 」のマインドで、「人って素晴らしい!人生って素晴らしい!」と心から感じ、イキイキわくわく「毎日が幸せで楽しい!」と笑顔で生きられるようになってから、人生がどんどん好転していき、たくさんの素敵な人との出会いにも恵まれ、どんなことにも、誰にも左右されずに、自分の心の判断でやりたい!と思ったことはやる!と「決める」ことが出来るようになった。

「決める」ことにより、どんな無理や困難が起こっても、諦めたりできない言い訳を考えるのではなく、常に「どうしたらそれができるだろうか?」と、できる方法を考える思考を手にいれることができた。

現在は、自分の様々な人生経験を通して、一人でも多くの方が、自分の思い込みや囚われに気づき、そこから解放されることで、自分の心から望む人生を「あるがまま」キラキラ輝いて生きて欲しい!という願いの元、講座や教室を開講し、心書を通して人生を幸せに生きるマインドをお伝えする活動をしている。

また、自由に表現する巨大書き下ろしのパフォーマンスや作品受注も行っている。

 

・心書協会認定トレーナー

・日本コミュニケーションリーダー検定2級

・魔法の質問・キッズインストラクター

・小学校英語活動指導者資格保持(J-shine

 


心書教室

札幌ものづくりオフィス&カフェSHAREにて、毎週月曜日~あるがまま~心自由に奏でるfudemoji・心書教室を開講


巨大書き下ろし実績

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO(オーブニングセレモニーにて 巨大書き下ろしパフォーマンス)

・ベネッセコーポレーション・子供英語教室事業部北海道支部(10周年記念パーティーにて巨大書き下ろし)

 

Recent Post

  1. みなさま、こんにちは^^ 3月30日に…
  2. 本日、電子書籍を出版いたしました! &…
  3. みなさん、こんばんは〜^^ それにして…
  4. 昨年10月末 …
  5. みなさま、あけましておめでとうございます! …

Archives